AGA情報局(運営:大重裕二、鈴木大介、 塚本喜仁)

AGA情報局では、全国のAGAを取り扱う病院の情報を配信しています。 【運営スタッフ】大重裕二、鈴木大介、 塚本喜仁

こんにちは。
AGA情報局の大重裕二です。

今日はAGAと前立腺疾患の関係性について
ご紹介いたします。

AGAは男性ホルモンや遺伝によって起こることが分かっています。
前立腺を引き起こす原因となる5αリダクターゼという還元酵素は、
前立腺にも作用します。

5αリダクターゼの働きが強い人は、薄毛と共に、
前立腺肥大症や前立腺癌などの前立腺疾患になりやすいと言えます。

前立腺癌は、
男性がかかる癌の中でも、
肺がんについて割合が多い癌です。
日本対がん協会のデータより 。

薄毛の方は、
健康診断や人間ドックの際に、
前立腺についても必ず検査することをおすすめします。
何か異常を感じたら早めに病院に行って下さいね!

参考記事
薄毛の人は要注意?「AGA」と前立腺疾患の関係とは!? 

こんにちは。
AGA情報局の塚本善仁です。

自毛植毛をご存知でしょうか?

毛が生えている部分のご自身の頭皮を、
毛が生えていない部分に移植する、
薄毛対策の方法です。手術が必要です。

AGAの治療としては、
プロペシアなどの内服薬での治療が多いですが、
自毛植毛を選択される方もいらっしゃいます。

例えば、東京と大阪にある
紀尾井町クリニックなどが施術しています。
費用は60万円程度~のようです。

自毛植毛を選択した方の記事がありましたのでご参考にください。
薄毛男の決断!AGA対策に自毛植毛を選んだ理由とは?


 

こんにちは。
AGA情報局の鈴木大介です。

AGAの治療は数か月に必要になります。
そこで気になるのが治療費ですよね。

治療費はできるだけ抑えたいですし、
負担が大きいと継続して治療を受けることを諦めなければならないかもしれません。

風邪などの病気であれば、
国民健康保険や、社会保険で、自己負担は「3割負担」で済みます。

果たしてAGA治療の場合はどうなのでしょうか?

答えは残念ながら「10割自己負担」です。。 
AGAは命に関わる病気ではないので保険適用外になります。

AGAの治療で、ほとんどの人が処方される治療薬、
「フィナステリド」や「プロペシア」は1錠250円のという価格が目安となっているようです。
1日1錠の服用ですので、1か月の薬代が7,500円ほどになります。

その他、病院やクリニックの診察代も必要です。

診察台は病院やクリニック毎に違いますので、
事前に調べてみるとよいでしょう。

治療を始める前に
家計的に治療を続けられるかどうか、
検討してみたほうが良いでしょう・


参考記事
AGAの治療費に健康保険は適用するの?
 

このページのトップヘ